▶ラジウム50000

  • ¥ 5,320
  • SOLD OUT
  • ◆国内最高のラドンガス&マイナスイオンを発生するセラミックボール=ラジウム40000の上級バージョンです。 ラジウム40000に比してラジウム鉱石含有量が多いため、放射線濃度がラジウム40000よりも、およそ10マイクロシーベルト/kgほど高く、しかも大企業のOEM生産品ですので、弊社のような小売業が卸し買いできるような製品ではありません。今回は、ご縁あってのおすそわけですので数量もごく限られて参ります。従いまして、売り切れ御免です。 ★300倍以上の放射線量★(対比=バドガシュタイン鉱石) バドガシュタイン鉱石 231g 接触測定値 0.682μSV/hr ラジウム50000 229g 接触測定値 220.8μSV/hr ◇本製品は、いきなり1kgはちょっと・・・ 最初は少量買いでお試ししてよかったら一気に買いたいわ・・・という方々のためにご用意いたしました。  ラジウム50000は、製造元さまでは、およそ1トンからのOEM生産の製品です。 これは、大手化粧品製造の大企業さまにおける発注分量なのです。 製造元様の数量限定小売価格は1kgで28’980円です。年明けにはお値段が上がるみこみだそうです。(青龍堂では、心ばかり御勉強した価格となります。ぜひご利用ください。)  ラジウム50000を麦茶のサーバに入れてラジウム飲料水として使用したい場合には、お風呂のように沢山の数は必要ありません。 ★そこで、  ・ご家族の冷蔵庫の2リットルの麦茶などのサーバ(ボトル)用に33粒ほどのラジウム50000を投入して家族利用する。  ・お食事時、その他にマイグラスや自分のお湯のみにラジウム50000を33粒投入し、そこにお飲み物をいれて1~2分でラジウム飲料の出来上がり。石の入った状態でチビチビ飲むもよし。(※これはすごいです※)  ・家族それぞれが出掛ける時に携帯する水筒にラジウム50000を33粒づつ投入して利用する。  ・ラジウム50000は、天日干しすると効果が最高の状態に保てる。  ・ラジウム50000は、1~2週間に1回は天日干しする必要がある。 これらを加味して、購入数を決めるとイイかと思います。 ◆ラドンは還元作用が非常に強く、飲料水として摂取した場合には、およそ3日間、体内をお掃除して駆け回ってくれます。そして、その後は、自然に発散して、体外へと消えていきます。後に残りません。 ◆飲料水そのものの放射線値は、飲料水へ投入したラジウム鉱石のおよそ100分の1の値を示すといわれています。このことから、ラジウム50000を33粒投入して作った飲料水は、子授けや、学力向上などの霊験あらたかな頭之宮四方神社の御神水である湧き水よりもはるかに高い放射線が測定されることが予想されます。 ※商品入荷いたしました。 ※3枚目の33粒の参考写真はラジウム40000ですが、ラジウム50000は、表面の見た目は同じような見た目ですが、若干濃い色合いで、一粒の直径がおよそ14mmとなりますので、ラジウム40000より若干2mmほど大きめになります。最後の参考写真がラジウム40000とラジウム50000の比較写真です。 ★スマートレターで発送する場合の特記事項★スマートレターで発送できる最大量は1通につきおよそ2個までです。厚み制限の関係上、エアー緩衝材(プチプチシートなど)は使用できませんので衝撃が加わった場合などには割れたり欠けが生じるおそれがあります。悪しからずご了承ください。 ★レターパックライトで発送する場合の特記事項★レターパックライトには厚み制限がございますので、1通あたりの最大発送量が限られて参ります。万が一発送量を越えた場合には、追加発送料金の前納が必要となりますので、ご了承くださいませ。 ※弊社では衛生環境保持のため高濃度オゾン発生器を使用しています。 オゾンは我が国とアメリカ合衆国に於いては食品添加物の認可が出ています。 熱を加えることで酸素に変わっていく気体です。 万が一、ラジウム40000及びラジウム50000にオゾンが残留していた場合には、少し時間をかけて煮沸することで、オゾンは酸素に変化して、オゾン特有の症状は消失いたします。 オゾン特有の症状とは、 出来上がった水を摂取すると異臭を感じたり、喉に渇き感やイガイガっぽさを感じたりいたします。 ※オゾンとは※ 以下ウィキペディアより オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化作用があり、殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色・有機物の除去などに用いられる。 日本およびアメリカ合衆国では、食品添加物として認可されている。 水道水の殺菌に塩素の代わりにオゾンが用いられる国も多い。オゾンは有機塩素化合物を生成しないため、処理後の水にも残留せず、塩素と比較して味や匂いの変化が少ない。従って、いくつかのシステムでは配管での細菌増殖を防ぐために少量のオゾンを添加することがある。日本では近年、東京都水道局、大阪市水道局、阪神水道企業団、大阪広域水道企業団等で水道水の殺菌の一環として用いられており、追随する自治体等も増えてきている。 気体としてのオゾンは、その毒性により高度な濃度管理が求められるため、オゾンガスをミキシング又はバブリングと呼ばれる手法で水に溶け込ませたり、電気分解により水に含まれる酸素を利用して作る「オゾン水」として活用される例が増えている。オゾンの不安定な性質により数十分で酸素と水に戻るので残留性のない殺菌水として使えるほか、塩素系殺菌剤やエタノール系殺菌剤が使えない場合にも使用される。 ヨーロッパでは医療への活用が多数試され、その効果が発表されている。近年は日本でも医療、介護、食品、酪農を主とする農業などの分野で殺菌・消臭・廃棄物処理目的で使われることが多くなった。 以上ウィキペディアより 保管方法において、ジップロックのような密封状態になかった一部のラジウム40000(およそ200粒)は、長時間に渡るO3空間におかれることによって、オゾン特有の状態を示すことがわかりました。オゾン臭を知らぬ方は洗浄臭と思われるようです。O3特有のにおいがすることと、12時間浸水して出来た水を飲んだ後にザラザラ感が残る現象です。 弊社におきましては、今後のラジウム40000及びラジウム50000を保管する方法を、商品棚に陳列するものにおいてもオゾンによる影響を受けないようにすべく、密封容器に入れておく方針にいたしました。 社会的企業使命を遂行すべく、お客様に安心してご利用いただけるよう努めて参ります。

  • ¥ 19,600
  • SOLD OUT
  • ◆国内最高の自然放射線&国内最高峰のラドンガス&マイナスイオンを発生するセラミックボールです。※ラジウム50000は、25粒(およそ100g)で200μSV/hr以上の自然放射線を発生致します。 ◇本製品は、ご家庭でのおふろ用のためにご用意いたしました。 半身浴用として、浴槽のお湯が100から150リットルを想定しています。  ラジウム50000は、300kg単位で生産される大企業さまのOEM生産品です。その余りが発生した時にだけ、およそ330粒=1kgから小売販売される製品です。 一般家庭における湯船に投入するめやす分量は、 全身浴が1kg 半身浴が500g が望ましい数量となります。 本商品は500gですので、よりパワーを必要とする方や、全身浴は、1kg入りをメールにておたずねください。 seiryudo.cosme@gmail.com 製造元様の小売は最低販売量が1kgとなっています。 目下、青龍堂では、かつての製造卸し直販価格でご縁のあるお客様に御提供いたしております! 現在、ラジウム鉱石の元値が上昇しておりますので、値上げの予想を製造元さまはしておられるようです。  ・およそ200~300リットルのゆぶね用に500gのうち、およそ100粒のラジウム50000を投入すれば、強力なラジウム温泉が出来ます。お湯の量が少な目の半身浴ですと、より強力なパワーを得られます。 ★商品写真のお風呂用ネット付属です。 化繊ですが、無害化されますので安心してご利用いただけます。※写真のブレスレットは別商品となります。北投石ブレスレットをしたままお風呂に入るとさらにラジウムの有り得ない効果が発揮されます。 1週間に1回は洗濯ネットから出して、バットなどに広げて、天日干しします。 ◆ラドンは還元作用が非常に強く、湯船に使用した場合には、湯船のお湯が身体を「還元」してくれるお湯に変化します。お湯の放射化現象です。 ◆還元質のお湯に入浴すると、身体の芯までポカポカに温まるため、冷え体質、ガン体質の方々には絶好のお湯となります。 ※痩せ体質の人は湯上り後にのぼせた状態や眠気を催すことがありますが、これらは免疫力が向上した結果生じてくる反応です。ご安心ください。 ※弊社では衛生環境保持のため高濃度オゾン発生器を使用しています。 オゾンは我が国とアメリカ合衆国に於いては食品添加物の認可が出ています。 熱を加えることで酸素に変わっていく気体です。 万が一、ラジウム40000及びラジウム50000にオゾンが残留していた場合には、少し時間をかけて煮沸することで、オゾンは酸素に変化して、オゾン特有の症状は消失いたします。 オゾン特有の症状とは、 出来上がった水を摂取すると異臭を感じたり、喉に渇き感やイガイガっぽさを感じたりいたします。 ※オゾンとは※ 以下ウィキペディアより オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化作用があり、殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色・有機物の除去などに用いられる。 日本およびアメリカ合衆国では、食品添加物として認可されている。 水道水の殺菌に塩素の代わりにオゾンが用いられる国も多い。オゾンは有機塩素化合物を生成しないため、処理後の水にも残留せず、塩素と比較して味や匂いの変化が少ない。従って、いくつかのシステムでは配管での細菌増殖を防ぐために少量のオゾンを添加することがある。日本では近年、東京都水道局、大阪市水道局、阪神水道企業団、大阪広域水道企業団等で水道水の殺菌の一環として用いられており、追随する自治体等も増えてきている。 気体としてのオゾンは、その毒性により高度な濃度管理が求められるため、オゾンガスをミキシング又はバブリングと呼ばれる手法で水に溶け込ませたり、電気分解により水に含まれる酸素を利用して作る「オゾン水」として活用される例が増えている。オゾンの不安定な性質により数十分で酸素と水に戻るので残留性のない殺菌水として使えるほか、塩素系殺菌剤やエタノール系殺菌剤が使えない場合にも使用される。 ヨーロッパでは医療への活用が多数試され、その効果が発表されている。近年は日本でも医療、介護、食品、酪農を主とする農業などの分野で殺菌・消臭・廃棄物処理目的で使われることが多くなった。 以上ウィキペディアより 保管方法において、ジップロックのような密封状態になかった一部のラジウム40000(およそ200粒)は、長時間に渡るO3空間におかれることによって、オゾン特有の状態を示すことがわかりました。オゾン臭を知らぬ方は洗浄臭と思われるようです。O3特有のにおいがすることと、12時間浸水して出来た水を飲んだ後にザラザラ感が残る現象です。 弊社におきましては、今後のラジウム40000及びラジウム50000を保管する方法を、商品棚に陳列するものにおいてもオゾンによる影響を受けないようにすべく、密封容器に入れておく方針にいたしました。 社会的企業使命を遂行すべく、お客様に安心してご利用いただけるよう努めて参ります。